派遣ドライバーとして働くメリット・デメリット


派遣ドライバーのメリット

派遣ドライバーとして働くメリットは、比較的自由なスケジュールで働けることです。正社員のドライバーとして働く場合、就業時間や就業曜日が決まっていますが、派遣ドライバーは派遣先から提案された時間帯が嫌な場合は断り、別の曜日や時間帯の仕事を見つけることができます。プライベートな時間を大切にしたい、副業として根を詰めずに働きたいという人にぴったりの働き方です。もちろん、仕事探しも派遣会社が行ってくれるので、仕事が欲しい時は会社に伝えると探してもらうことができます。労働条件なども派遣会社が交渉してくれるので、苦労せずに良好な条件で働くことができます。また、運転免許証さえ持っていれば、すぐに働き始められるのもメリットです。

派遣ドライバーのデメリット

ドライバーの職は慢性的に人材不足であるため、仕事がなくなる心配はありません。しかし、派遣という働き方は景気に左右されやすいため、正社員のドライバーが充実したり、会社の経営が悪化したりすると一番に切られてしまいます。また、スケジュールの空白を作らずに仕事を入れるためには複数の派遣会社に登録することもありますが、スケジュールが被らないように自分でしっかり管理しなければなりません。条件が良いからと何でも仕事を受け入れると、こなせなくなる可能性もあります。そして、1つの会社で派遣として働けるのは3年までと定められており、それ以上働く場合は正社員になるか別の会社を探すかという決断を迫られます。

運転手の派遣を利用するのがおすすめなのは、自社で車の運転手が足りなくなった時やオフィスの物品を運搬する必要がある時などです。